顧客情報管理

配送担当者は回収時にお客様のニーズを細かくチェックし、商品の採点をするシステムを導入しています。

また、お客様からの直接の要望や社員のアイデアは、日々の業務報告書に記入し、味や商品評価については帰社後、製造部長に報告をします。

それを新しいメニューやサービスに活かす仕組みを作っています。

このように、常にお客様の声を全社員がキャッチし、素早く改善するように心がけています。

細分化した栄養素を表示できるメニューソフトの活用

研究の様子

成人病患者用のメニューにも対応できるよう、食事の詳細な栄養成分(22項目)まで分析・表示できるソフトを保持しており、そのソフトを活用することにより、1つの固定メニューから各種の病気に対応できるメニューに瞬時に変換できるようなシステムを自社で開発中です。

配送車両

ロゴ入り配送車両

全ての配送車両を冷蔵車両に、そしてオゾン発生器(下記参照)を車内に取り付け、空中殺菌消毒に努めています。また、本部各支店と配送車両を無線ネットワークで繋ぎ、お客様の元へ商品をスピーディーにお届けいたします。

CHECK POINT オゾン発生器とは・・・

酸素の同素体であり、酸化力が強く殺菌・消毒・漂白などの効力があるオゾンを発生させる装置。

オゾンはO-157等の大腸菌やサルモネラ菌にも有効で空気中の浮遊菌に作用して空気を清潔に浄化します。

車内の空気を正常に保つために、このオゾン発生器を導入し、お客様へお届けする食品の衛生管理に努めています。

日本誠食では、給食弁当、幼稚園弁当などをご提供させて頂くのに必要な証として、業務用弁当・惣菜・ケータリング食材の製造、販売、配送において「食品安全マネジメントシステム国際規格ISO22000:2005」の取得をいたしました。