健康管理弁当

特選健康管理弁当

食事制限が必要な方へ、「美味しさ」と「健康管理」の両立を追究した待望の「冷凍弁当」がついに完成しました。

  • 腎臓病による食事管理が必要な方に…「透析管理弁当
  • 糖尿病による食事管理が必要な方に…「糖尿管理弁当

日本誠食の「急速冷凍技術」で、作りたての美味しさをそのまま再現。アイディアメニューの数々を毎日の食卓に、心を込めてお届け致します。

筑前煮定食の画像

健康管理弁当シリーズ、1食580円

健康管理弁当VS健康数値

当社社長の山田が、健康管理弁当による食事管理を実践。
スタートからの軌跡とカラダの変化をレポートし、皆様に実況中継して参ります。

健康管理弁当の計算された食事と段階的な運動の取り組みで、数値が改善!
2011年3月5日 スタートして約一年を迎え、人間ドックで検査を受けました。
2010年3月時点で124㎠あった内臓脂肪面積が、なんと77㎠(昨年同月比約62%)まで減っています!更に中性脂肪も昨年同時期に667mg/dlだったものが122mg/dlまで改善。(中性脂肪は一般的に149mg/dl以下が正常数値の範囲と言われています)
健康管理弁当と段階的な日常運動がもたらした改善効果だと考えられます。
■ 検査結果資料1 => [2010年3月時点との内臓脂肪面積比較]
■ 検査結果資料2 => [内臓脂肪面積の所見]

また、DHA入り米飯シリーズを食事に取り入れて約3ヶ月、視力も0.1→0.4(右目)、1.2→1.2(左目)と調子がイイです。視力検査結果を見ての個人的な感想ですが、DHAによる改善効果が出たのか・・・とも考えています。
■ 検査結果資料3 => [身体測定(視力)の所見]
2010年12月 食事の一部をDHA入り米飯シリーズ(たこめし・えびピラフ・鰻のひつまぶし)に変更。摂取calが以前に比べ1日あたり100kcal程度増える。DHAを一日300mg摂取する食生活のスタイルに変えてみる。
2010年11月3日 日常的に取り組んでいた運動メニューを段階的に改善。筋力UPメニューに変更して継続中!

■メニュー内容
・バイクでのウォーミングアップ
・「上半身トレーニング」
胸(チェストプレスなど3種類)、肩(ショルダープレスなど2種類)、背中(ラットなど2種類)、腕(リストカールなど2種類)の筋力アップメニュー
・「下半身トレーニング」
スクワット・ランジ・レッグカール等を中心とした筋力アップメニュー6種類
・体幹トレーニング
・ストレッチ

2010年7月9日 大阪府内の某病院で、CT検査による内蔵脂肪面積(メタボリックシンドロームになる危険性がこの数値でわかる)の検査。
4月7日スタート時には124㎠もあった内蔵脂肪面積の数字。
驚くことに97㎠まで数値が下がった!
通常100㎠程度までは内臓を守る働きをするために必要といわれている数値も、100㎠を超えると「内臓脂肪が過剰」とのこと。
27㎠(約22%)下がった今、内蔵脂肪面積はベストな数値に近づきつつあります(喜)。
2010年6月2日 効果UPを目指し、日常的な運動をスタート!

■メニュー内容
・しっかりとした水分補給
・腹筋、背筋のトレーニング
・バイク、チェストプレス等4種類のトレーニングマシンを使った基礎体力アップ
 (※ジムにて週2~3回程度のトレーニングをスタート)

2010年5月末日 スーツがかなりゆるくなり、体重計に乗る・・・70.6kg!
健康管理弁当の食事管理スタート後、
2ヶ月足らずでマイナス4.4kgを達成!
カラダの調子もすごく順調です!
当時体重
約70.6kg
2010年4月7日 1日3食のうち、お昼の食事を「特選管理弁当」に変え実践をスタート!
当時体重
約75kg
内臓脂肪面積
124㎠
(2010年3月26日)

▶レポートは随時更新して参ります。

日本誠食では、給食弁当、幼稚園弁当などをご提供させて頂くのに必要な証として、業務用弁当・惣菜・ケータリング食材の製造、販売、配送において「品質マネジメントシステムの国際規格ISO9001:2008」、「食品安全マネジメントシステム国際規格ISO22000:2005」の国内初のダブル取得を達成いたしました。
また、業務用弁当に加え、冷凍食材等の製造、販売、配送、社員食堂への給食材料の販売、管理、学校給食の生産管理、品質管理におきましても2009年4月1日に「環境マネジメントシステムの国際規格ISO14001:2004」を認証取得致しました。
当社、品質方針、食品安全方針、環境方針はこちら。